副収入のすすめ ~ネット副業でお小遣い稼ぎ~

会社を経営する投資家兼WEBクリエイターが、ネットでお金を稼ぐコツやお得情報を紹介しています。

リクルートカード6,000ポイントプレゼントキャンペーン!ポイント受け取り方法と条件

   

リクルートカードの新規入会で6,000ポイントプレゼント!

 リクルートカードに新規入会して条件をクリアすると、もれなく6,000円相当のポイントをもらえるキャンペーンを実施中です。

 キャンペーン期間: 2016年12月6日(火)9:59まで

<< 詳細はこちら >>リクルートカード

 

 6,000ポイントを受け取るための条件は難しくありませんが、うっかり手順を飛ばしてしまうともらえるポイントが減ってしまうので注意が必要です。

 

6,000ポイントの受取り方法

  1. キャンペーン期間中に、キャンペーンページからリクルートカードに新規入会する。
  2. 発行後、カード発行日の翌月末までに、カードマイページへログインし、ページTOPの特典受取りボタンをクリック。(1,000ポイントGET
  3. カード発行日から60日以内に、リクルートカードを使ってショッピングをする。(1,000ポイントGET
  4. カード発行日から60日以内の携帯料金・PHS料金をリクルートカードの自動振替で支払う。(4,000ポイントGET

 カードショッピングはネットでも実店舗でも、利用金額を問わずカード利用特典獲得の対象となります。獲得できるポイントはリクルート期間限定ポイントです。期間限定ポイントの有効期限はポイント受取り日の翌月末日なので注意が必要です。

 

リクルートカード

 

 

リクルートカードのおすすめポイント

1.年会費永年無料

 初年度のみ年会費無料のクレジットカードや、一定の金額以上カードを利用してようやく翌年の年会費が無料になるクレジットカードが多い中、リクルートカードは特別な条件なしで年会費永年無料です。

 クレジットカードの利用頻度が少ない人でも、ほとんど利用していないのに年会費だけ支払い続けるといった事態を避けられます。

 

2.クレジットカード利用時の還元率は1.2%以上

 普段の街中での買い物でも、ネット利用でも利用金額の1.2%がポイントとして貯まります。またリクルートグループのサービスなら、還元率がさらに1~3%アップします。例えば、ポンパレモールでの買い物はポイント還元率4.2%、じゃらんでの宿泊予約ならポイント還元率3.2%になります。

 貯まったポイントは1ポイント1円相当として、ポンパレモールじゃらんホットペッパービューティーなど、リクルートグループの各種サービスで利用できます。

 

3.旅行傷害保険とショッピング保険つき

 リクルートカードで旅行代金を支払うと、海外旅行、国内旅行で旅行傷害保険が適用されます。旅行に行くたびに掛け捨ての保険に入らなくてよいので、保険料金を節約することができます。

 また国内はもちろん、海外でも、リクルートカードで購入した品物であれば、購入日より90日間、破損・盗難などの損害を保障するショッピング保険がつきます。

旅行傷害保険とショッピング保険
補償内容 保険金額
海外旅行傷害保険 (傷害)死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾患治療費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携帯品損害 最高20万円(免責金額3,000円)
救援者費用 最高100万円
国内旅行傷害保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円
ショッピングガード保険 年間200万円

 

4.ETCカード利用でもポイント還元率1.2%

 リクルートカード会員は、高速道路の利用でもポイントが貯まるETCカードに入会できます。通行料金の1.2%がリクルートポイントで貯まります。

 年会費が必要なETCカードが多い中、リクルートカードのETCカードは年会費無料です。ただしVISAブランドのリクルートカードのみ、初回に新規発行手数料が1,000円(税別)必要です。

 

 いつもよりお得に入会できるキャンペーン期間中のこの機会に、リクルートカードへの入会を検討してみてはいかがでしょうか。

 

<< 詳細はこちら >>リクルートカード

 

リクルートカードの審査基準は?

 リクルートカードは比較的審査が通りやすいカードだと言われています。専業主婦で自分に収入がない場合でも、配偶者に一定の収入があれば申込みできるし、無職の場合でも状況によっては審査に通ることがあります。

 クレジットカードが必要で、ご自身の収入や属性に自信がない方にとっても、審査に通りやすく、サービスが充実しているリクルートカードは検討する価値のあるカードと言えます。

 

リクルートカードの審査に落ちた場合の対策

 リクルートカードを申し込んだものの、審査に落ちてしまった場合には様々な原因が考えられます。審査に落ちた理由は直接教えてもらうことはできませんが、心当たりのある原因を改善して再度申し込むことで、審査に通る場合があります。

 審査に落ちる原因は以下のようなものが考えられます。

 

1.収入が低い

 審査に通りやすいリクルートカードでも、やはり支払い能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまいます。収入が低くてクレジットカードを作れないけれど、どうしてもクレジットカードが必要な場合は、クレジットカードとは少し違いますが、クレジットカードと同様に使用できる「楽天銀行デビットカード」を利用するという方法もあります。

 

2.過去にローン返済やカードの支払いを滞ってしまった

 過去にローン返済やカードの引き落とし日に口座の残高不足等で支払いができなかった場合、信用情報機関に記録が残ってしまうため、クレジットカードの審査ではねられてしまうことがあります。

 この信用情報の延滞記録は最大で5年間保存されています。そのため、ローン返済やカード支払いの延滞が原因で審査に落ちてしまった場合は、延滞記録がクリアになってから再度申し込むと審査に通ることがあります。

 

3.クレジットカードの総与信枠が大き過ぎる

 クレジットカード会社は、申込者の収入や属性、クレジットカードの利用状況などに応じて、その人が毎月利用できるクレジットカードの限度額を決めます。これを与信枠と言います。また、クレジットカードを何枚も持っている場合、各クレジットカードの与信枠を合計した額を総与信枠と呼びます。

 クレジットカード会社が審査をする際、申込者がすでに所有するクレジットカードの総与信枠を確認します。クレジットカード会社は信用情報機関に個人信用情報を照会すると具体的なクレジットカード名は伏せられていますが、申込者が所有するクレジットカードに設定されている利用限度額は記載されているので、総与信枠を把握できるのです。

 もしこの総与信枠が、クレジットカード会社が独自に設定している総与信枠の限度を超えてしまうと審査に落ちてしまうことがあります。この場合、他のクレジットカードの利用限度額を減らしたり、使わないカードを解約すれば、新たに与信枠に余裕が生まれるので、審査に通りやすくなる可能性があります。

 

<< 詳細はこちら >>リクルートカード

 

楽天銀行デビットカード

 リクルートカードの審査に落ちてしまったけれど、クレジットカードが必要な方は「楽天銀行デビットカード」の利用をオススメします。

楽天デビットカード

 デビットカードはクレジットカードと同じように買い物の支払いに使用できます。クレジットカードとの違いは引き落とし方法にあります。

 クレジットカードでは1ヶ月分の使用金額を月1回まとめて口座から引き落とされるのに対して、デビットカードではカードを使用したときにその場で口座から引き落とされます。したがって、デビットカードで買い物をする場合、口座の残高が足りないと使用できません。

 楽天銀行デビットカード(JCB)は年会費無料で、買い物金額の1%分の楽天スーパーポイントもつきます。一方、クレジットカードのような海外旅行傷害保険はつかず、ETCカードは発行できません。

 楽天銀行デビットカードの口座開設にも審査がありますが、クレジットカードよりも格段に通りやすいです。もしエポスカードの審査に落ちてしまった場合は楽天デビットカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

楽天銀行

 

 

リクルートカードの詳細データ

 リクルートカードの詳細情報は下記の通りです。できる限り正確な情報を掲載していますが、データ更新日以降にサービス内容が変更になっている場合もあります。入会前に公式サイトで正確な情報を確認してください。

 

リクルートカード詳細情報
国際ブランド VISA, JCB
年会費 本会員 初年度 無料
2年目以降
家族会員 初年度 無料
2年目以降
ETCカード 無料(VISAカードの場合、最初に新規発行手数料1,000円(税別)が必要です。)
申込資格 本会員 18才以上で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または、高校生を除く18才以上の学生の方。※未成年の方のお申込みには、親権者の方の同意が必要です。
家族会員 本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方(本会員が学生の場合は家族会員カードの発行はできません。)
カード発行期間
ショッピング 利用限度額 カード送付時に通知
支払い方法 1回払い、2回払い、分割払い(3~24回)、ボーナス1回払い(手数料なし)、リボルビング払い
分割払い利用方法 VISA, JCB
リボ払い利用方法 VISA, JCB
キャッシング VISA, JCB
決済方法 口座引落し
カード利用締日・請求日 毎月15日締め、翌月10日払い
ポイントプログラム 名称 リクルートポイント
加算方法 毎月のご利用金額合計の1.2%に対して少数点第1位以下を切り捨てたリクルートポイントが付与されます。1P=1円相当。
電子マネーチャージ 楽天Edy 1.2%付与(VISAのみ)
モバイルSuica 1.2%付与
SMART ICOCA 1.2%付与(VISAのみ)
nanaco 1.2%付与
WAON チャージ不可
PASMO チャージ不可
有効期間 最後に共通ポイントを付与された月の12ヵ月後の月の末日まで。有効期限までに新たにポイント利用対象取引を行った場合、新たに付与される共通ポイントの付与月の12ヵ月後の月の末日までポイントの有効期限は延長されます。
ボーナスポイント リクルートのサービスを利用すると、通常ポイント1.2%に加え、さらに+1%~3%追加されます。
海外旅行保険 適用条件 【利用付帯】リクルートカードで事前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金をお支払いになった場合に適用されます。
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害・疾病治療 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責額3,000円)
救援者費用 最高100万円
国内旅行保険 適用条件 【利用付帯】 国内でのホテル・航空券などのお支払いを事前にカードでご利用いただくと宿泊中の火災・爆発事故、搭乗中の事故などに適用します。
  最高1,000万円
ショッピングガード保険 適用条件 リクルートカードを利用して購入した物品で購入日(配送などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故(国内・海外問わず)によって損害を被った場合に適用されます。
保障額 年間200万円
盗難・紛失補償 万一、不正使用された場合でも、盗難・紛失の届けのあった日からさかのぼって60日以降に発生した損害については、カード会社の定めた規定にそって補償されます。
発行元 VISA 商号 三菱UFJニコス株式会社
登録番号 貸金業登録 関東財務局長(11)第00115号
日本貸金業協会会員 第000005号
本社所在地 〒113-8411 東京都文京区本郷3-33-5
問い合わせ先 03-5489-6165
JCB 商号 株式会社ジェーシービー
登録番号 貸金業登録 関東財務局長(11)第00183号
日本貸金業協会会員 第002442号
本社所在地 〒107-8686 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
問い合わせ先 0120-833-633

 

<< 詳細はこちら >>リクルートカード

 

 

 - クレジットカード