ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は陸マイラー憧れのカード

更新日:

ANAスーパーフライヤーズカードとは

  ANAスーパーフライヤーズカード(SFC)は、ANAとクレジットカード会社が提携して発行している特別なクレジットカードです。SFCを所有しているとANA上級会員であるプレミアムメンバーのプラチナ会員とほぼ同等の特典を受けられます。

 ANAのプレミアムメンバーは1年ごとにリセットされるので、毎年飛行機に乗ってプレミアムポイントを貯めなければ会員資格を維持できません。しかし、SFCは一度カードを取得すればSFCを所有している限りANAプレミアムメンバーと同等の特典を受け続けられるので、旅行や飛行機が好きな人にとってはぜひ取得しておきたいクレジットカードです。

 

SFCの特典

 SFC

・プレミアムメンバー専用サービスデスクの利用

・ANAラウンジの利用

・座席クラスのアップグレード

・プレミアムエコノミーへの変更

 

予約の優先

・国内線の先行予約

・国内線座席指定の優先予約

・満席時の空席待ち予約の優先

・国内線特典航空券やいっしょにマイル割の先行予約

・国際線特典航空券やアップグレード特典の優先予約

 

・優先チェックイン&専用保安検査場

・手荷物受け取りの優先サービス

・アップグレードポイント

・スターアライアンスゴールドメンバー

・プレミアムメンバー限定ANAセレクション

 

充実の特典

・アップグレードポイント

・フライトボーナスマイル

・マイルからANA SKYコインへ最大1.6倍の特別倍率で交換

 

プレゼント

・スーパーフライヤーズ会員オリジナルネームタグ

・ライフスタイルマガジン「ana-logue」(年3回)

・会員限定手帳とカレンダー

 

 上級会員には、優先して満席時の空席待ちを取り扱ってもらえるというメリットがあります。他にも食べ放題飲み放題の高級ラウンジが使えて、上級会員のみの手荷物預かり専用レーンがあります。

 

カード所持者の場合、本人と家族カード1人、同行者2人と本人を含めて合計4名までラウンジを使えます。
例えば父親のみが所持者だった場合、他の家族は待っていないといけないのか、ということになりますよね。
しかし、SFCの場合はそういった同行者まで一緒に活用出来るため、多くの人に重宝されているのです。

他にも空港で活用できる特典が多くあります。
ある意味、一度活用してしまうと、その便利さから手放せなくなると言う人も珍しくありません。
特に人混みの中が苦手な人は、SFC会員になることでより一層メリットを得られます。

 

スターアライアンスのゴールドメンバーにも昇格

 SFCの特徴として、ANAの上級会員であることと同時にスターアライアンスのゴールドメンバーにも昇格します。スターアライアンスに加盟している27社で特別なサービスを受けられるようになるのです。

 SFC会員になるだけで、なぜそういった恩恵があるのかというと、それだけ所持することが難しいからです。ちなみに国内線であればANAが使えますが、海外路線であるとANAの便がなく飛行機の幅もかなり狭まってしまいます。

 ですが、SFC会員になっていることでスターアライアンスゴールドメンバーとなり、他の海外路線の幅がぐっと広がるのです。ただ、海外での移動が多い人には最適ですが、国内限定の人にとってはあまり重要視される恩恵ではありません。

 もちろん、他にも優先東城や空港ラウンジのアクセス、ゴールドトラックなどさまざまな特典があります。スターアライアンスゴールドメンバーだからこそ味わえる特典もあるので調べてみましょう。

 特に海外のラウンジを使う場合は、日本よりも豪華なところが多いのでセレブ気分を味わえます。基本的にSFC会員というだけで、通常のビジネスクラス以上の待遇を受けられるのが特徴です。

 

家族カードもSFCにランクアップできる

 ANAの上級会員であるプレミアムメンバーになれるのは、飛行機に乗ってプレミアムポイントを獲得した本人のみです。

 一方で、SFCはクレジットカードなので家族カードを発行できすが、家族カードを所有しているとSFCの本会員とほぼ同じサービスを受けることができます。SFCを取得するには飛行機に数多く乗らなければなりませんが、1人がSFCを取得すれば家族も同様の優遇を受けられるのです。

 家族カードは配偶者だけでなく、18歳以上の子供や両親も発行することができます。もちろん年会費はかかりますが、本会員よりかなり割安なのでお得です。

 ご夫婦と子供2人という一般的な家庭で、夫がSFC本会員、妻が家族会員となれば、家族旅行でも「同行者1名までOK」のANAラウンジにみんなで入れちゃいますからね。これはお得です。

 

SFCを取得するための条件

 SFC会員は魅力的な特典を得られる分、SFCを取得するための条件はかなり難しいと言っても過言ではありません。

 まず、最初に、ANAの上級会員資格を持っているかどうかが重要です。ちなみに、上級会員資格と言ってもブロンズでは意味がありません。最低でも50,000ポイントのプレミアムポイントを所持している状態の「プラチナ以上」を持っているかどうかが申請基準のひとつになります。

 プラチナ以上の上級会員資格を持っているからと言って確実ではありません。一般的なクレジットカード申請時と同じように、借り入れ状況や年収なども審査基準になります。

 上級会員資格(プラチナ以上)を持っていることが「申請最低条件」です。申請をして、受理されれば半永久的に所持することが出来ます。そういった点も含めて、最初の申請時は想像以上に厳しくされているのが分かるでしょう。その厳しさがある分だけ、取得できた後のメリットは大きいのです。

 

条件達成後には入会手続きが必要

 プレミアムポイントを50,000ポイント以上獲得できたら、SFCへの申込みが可能となります。50,000ポイント達成で自動的にカードが発行されるわけではないので注意が日必要です。

 プラチナメンバーになったら、なるべく早く入会申込書を取り寄せて手続きを済ませましょう。

 なぜ急ぐ必要があるのかというと、プレミアムポイントは1年間、1月1日~12月31日までの間しか有効期限がありません。もしも、12月31日を超えて翌年になった場合、あとわずかでポイントが貯まる状態だったとしても失効してしまいます。まだ余裕があるからと考えずに、条件達成をしたらすぐに書類を取り寄せて手続きを行ってください。

 なんとなく飛行機に乗っている人がいるのであれば、SFCや上級会員を目指してみてはいかがでしょうか。特に仕事で飛行機を使う機会が多い職種の場合、簡単にとは言いませんが、あまり飛行機に乗る機会がないよりも比較的入手しやすいので、そのまま無駄にしているのは勿体ないと思われます。

 絶対に手が届かない場合は無理に飛行機を使う必要はありませんが、もう少し使うことで手が届きそうという人は、SFC会員になるために頑張ってみてもいいかもしれませんね。

 必要な会員費用も年間1万円強と特典が多い割に、年会費用は比較的安価と言えるでしょう。カードの年会費で考えると損をするかも、と思う人もいるかもしれませんが、かなりお得な特典がついていて1万円強はコスパが良い方です。

しかも、普通に上級会員になろうと思えば数十万円がかかります。それをカード取得者の特権とはいえ、費用を抑えられるのですからオススメです。クレジットカードの年会費に1万円は高いと感じても、SFC会員の1万円は高いと感じない人もいるのではないでしょうか。

 SFC会員になることで、快適だった空の旅がより快適なものに変わっていくことが分かります。基本的なことはすべて紹介しているので、実際にSFC会員になっている人の口コミなどが見たい場合は、インターネットで探してみるといいかもしれません。インターネット上で検索することで、様々な人の感想を見ることが出来ますよ。

この記事が役に立ったと思ったら、SNSで記事をシェアしてね。

-

Copyright© 副収入のすすめ ~ネット副業でお小遣い稼ぎ~ , 2019 All Rights Reserved.